Timing is Everything

映画好き。好きなジャンルはアクションとヒューマンドラマです。

Tomorrow never dies

007シリーズ「Tomorrow never dies 」をamazon プライムビデオで観ました。 この映画で主演のピアース・ブロスナンは「サターン主演男優賞」を受賞されていますね。 ちなみにサターン賞は、1972年からはじまり、優秀なサイエンスフィクション・ファンタジー(…

「ショーシャンクの空に」心に響くことばたち

「ショーシャンクの空に」を見直して、改めて心に響く言葉の多い映画だなと感じました。 それでは、いってみましょう。 ショーシャンク刑務所、ここでは皆が無実だ 。 冤罪で終身刑となった主人公のアンディー(ティム・ロビンス)。アンディーは正直な気持を…

名作ショーシャンクの主人公から学ぶ、知的で包容力のある人間になる秘訣

久しぶりに「ショーシャンクの空に」を見返しました。 これを一日の終わりに観るだけで、良い気持ちでベッドに入ることができます。 さて、この物語の主人公であるアンディー・デュフレーンは冤罪のため終身刑となった不遇の人物です。 しかし、アンディーは…

「幸せのちから」はハングリー精神が足りない人のための映画(ネタバレあり)

BSでたまたま流れていたウィル・スミス主演の「幸せのちから」を観ました。せっかくなので感想をかきますね。 この映画は、はじめて観たんですけど、見終わった率直な感想は、典型的なアメリカンドリームを描いた作品だなぁ、という印象でした。 1980年代の…

[映画]マット・デイモンのルックスが霞むレベル?美男美女揃いだけどゾッとする映画。リプリー

前にどこかのブログで、ジュードロウの全盛期はリプリーのディッキー、と書いてあったので、なんとなく気になって観てみました。 主演のマット・デイモンが扮するのは若くて貧乏なピアノ調律師のトム・リプリー。 リプリーは、とあるパーティーで放蕩息子に…

学びと感動の宝庫。ランディ・パウシュの「最後の授業」

アメリカに「最後の授業」という番組があるらしい。大学を引退する教授の最後の授業をテレビ中継して、アメリカ全土で放映するという番組である。 この番組の中で最も有名なのが、カーネギーメロン大学の講堂で行われたランディ・パウシュ(Randy Pausch)教授…

5分遅れは、1時間遅れよりも罪が重い。

今回は中谷彰宏さんの「1日に24時間もあるじゃないか」という本を読みました。 この本の中で特に引っかかったのが、このことば。 5分遅れは、1時間遅れよりも罪が重い。 なぜか? 1時間遅れてくる人は何かのっぴきならない事情が発生したのです。 ところが、…

重要度の低い雑用から始めて、仕事のエンジンをかける

引越のために部屋を整理していたら、中谷彰宏さんの本がごろごろと見つかりまして、この機会に中谷彰宏さんの本を紹介していきたいと思います。 今回ご紹介するのは、「時間に強い人が成功する ~「忙しい」が「楽しい」に変わる50の方法~」という本です。 こ…